Loading

コンテナハウスのメリット、デメリットとは?

メリット

  • 移設可能
    何よりも私たちが着目しているコンテナハウスの特徴は移設可能ということです。
    トレーラーハウスほど簡単に移動出来るものではありませんが、一般の建築と同じような設計プランが可能な上に「可搬性」を持っているという所がコンテナハウスのメリットです。
    これによって期間限定での設置が可能になりエコで優れたフレキシブルな建築物といえます。
  • プランの自由度が高い
    フレーム自体で構造が保たれるコンテナハウスは、開口の位置やサイズの自由度が圧倒的に高いです。
    例えば全面ガラス張りにしたりと自由でクリエイティブなデザインが実現できます。
  • 通常建築に比べ、工期短縮により作業工賃の軽減が可能
    工場である程度作成して、現場へと運ぶので現場での作業工程が圧倒的に短縮されます。
    上棟自体は一日で終わってしまうので、朝出掛けて帰ってきたら建物が建っているというのがコンテナハウスです。
  • 圧倒的な存在感で一目置かれる外観
    コンテナの無機質な雰囲気や重厚感がシンプルで洗練された印象を与えます。他の建物との圧倒的な外観の違いで差別化が図れます。
  • 状況に応じて増減設可能
    コンテナの増減で、ライフスタイルやビジネスの状況に応じて柔軟に対応することができます。
  • 在来の鉄骨造に比べ比較的にローコスト。
    鉄骨造や鉄筋コンクリート造で建築する場合、現場にて柱を建てたり、溶接をするなどの作業が必要なため建築費が高騰します。
    しかし、コンテナハウスであれば、建築費を大幅に圧縮することが可能です。

デメリット

  • 設置場所によって搬入が難しい場合がある
    現場までコンテナをトラックで運ぶので、4トントラックが通れる道路が必須になります。
    また設置の際にはクレーンで吊り上げるので、全面道路が最低4.5m以上必要です。
    その他、樹木や電線などの障害物がある場合、別途検討となります。
    弊社のコンテナハウスは一から現地での組み立ても可能ですので、道路が狭くても諦めずご相談ください!
  • 規格が決まってしまう
    コンテナハウスは、世界標準規格に則って作成した建築用コンテナを組み合わせて建設します。
    そのため最低面積がある程度決まってしまうのがコンテナハウスのデメリットと言えるでしょう。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    UNIT facebook

    PAGE TOP