Loading

離島でのコンテナハウスの優位性

近年ミニマリストやノマドなどの新しいライフスタイルの誕生により
石垣島や宮古島などの離島へ移住する人が増えています。
その際、条件に合った賃貸物件を見つけることができれば問題ないんですが、
実際は空き家が不足していて賃貸物件がなかなかない島もあります。

島はその風土と歴史によってその島特有の建築様式が育ち定着しました。
地域での建材を使用して、地域の人々によって建設されるので、当然その島特有の建築文化が育ちます。
しかし、現代ではなかなかその建築を担う職人も人手も少なくなり、
新しく建築すること自体難しくなっている島も多いです。

輸送手段が整った現代でも、人手不足を解消するため島の建築では
職人に出張で来てもらわなければ建築ができない離島が多くなっています。
それどころか、建材を離党に運ばなければならないので、
本土で考える建築単価をはるかに超える建設費が必要になってしまします。

そんなときにコンテナハウスは建設費の面でも非常に優位になります。
UNITのコンテナハウスは「海上輸送用コンテナ」と同サイズの「建築用コンテナなので、
コンテナが運べる島ならどこでも建築が可能になります。
コンテナハウスはある程度工場で作成してから運ぶので、
現地での施工期間が圧倒的に短縮できるので建設費を抑えることができます。

またUNITのコンテナハウスは重量鉄骨造なので、台風の脅威のある南の島でも安心です。
このようにコンテナハウスならあなたの住みたい街に住みたい家を自由に建築することができます。

ちなみに何年か宮古島でコンテナハウスに住んで飽きて来たらそのまま石垣島に家ごと引っ越すという
リアルノマドな生活をすることも可能です。
今後さらなる優位性が期待されるコンテナハウス。要チェックです‼

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP