Loading

公園にカフェやショップが増えるかも⁉

国土交通省は、全国の都市公園の中に民間事業者がカフェや売店を設けやすくなるよう、施設を設置できる期間を現在の10年から延ばす方針を固めました。
これまでの10年間では期間が短く、設置に掛かった費用に見合った利益を確保するのが難しいためで、20年か30年への延長を軸に検討していて、
次期通常国会で都市公園法を改正し、2017年度中の実現を目指すみたいです。

法改正に加え、予算面でも新たな支援制度をつくるみたいで、民間事業者がカフェや売店に合わせて、
一般の公園利用者も使用できるトイレや駐車場、公園の中の道、植栽などを整備した場合が対象で、17年度予算概算要求に必要経費が盛り込まれました。
法改正と予算面での支援を通じて民間事業者にカフェや売店と公園施設の一体的な整備、運営を促し、魅力的な公園づくりを進めるのが狙いです。

今まで公園での出店は利益を上げるのが難しかったが都市公園法の改正よって、これまでよりカフェや売店を設けやすくなるでしょう。
そこでコンテナハウスならば設置期間が終了した後も簡単に移設ができて設置に掛かった費用を無駄にすることなく再利用できるのでますますコンテナハウスが身近になりそうです。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP