Loading

コンテナハウスでグランピング⁉

グランピングとは「グラマラス」と「キャンピング」を合わせた造語。
贅沢にキャンプを楽しむ新しいアウトライフ・スタイルの提案だが、そのスタイルはキャンプだけにとどまりません。
ホテルライフも含めた新しいリゾート・スタイルの提案でもあるのです。

グランピングは決して最近沸き起こったブームではありません。その歴史は19~20世紀初頭まで遡ります。
ヨーロッパの列強が世界中に植民地を広げていった時代。イギリス、フランス、イタリア等の貴族たちは植民地に統治者として赴任する際に、
ルイ・ヴィトン等ラグジュアリーブランドの大型トランクに自らの宮殿から生活用品、インテリア、洋服を一式梱包。大型船に何百というトランクを積み込んででかけました。
赴任地に総統府等という名の「宮殿」を建てるまでは、テントで生活するとしても、そこは限りなく宮殿の空間と快適さが求められました。

そんな歴史的な文化が欧米には色濃く残り、20世紀の後半には、銀幕のスターたち、作家、ファッションデザイナーたちが、
同じようにロンドン、パリの生活を、地中海の孤島や、アルプスの山の中に求めました。
セレブや文化人たちが一つのスタイルを確立すると、それがムーブメントとなり、広がるのに時間はさほどかかりませんでした。
21世になった今、誰もが自分なりのスタイルでグランピングを取り入れられるようになってきたのです。
かつては限られた階級社会の人々のラグジュアリーなライフスタイルでしたが、それが今私たちにも「グランピング」というスタイルで楽しめるようになったのです。

glamp41

そんなグランピングは去年あたりから一気にメディアで取り上げられたことで、国内でもユーザーへの認知も広がると同時に
何かと「グランピング」を使った取り組みを仕掛けるプレーヤーが増えてきています。
日本だからこそできるグランピングのスタイルは確実存在しますし、
今後さらに発展していくであろうグランピングの施設としてUNITのコンテナハウスは最適です。

グランピングに求められるラグジュアリーで清潔な快適空間を作る際に、何といっても自由度の高いコンテナハウスを設置して
一年中、もちろん真冬もグランピングが楽しめる空間を提供することで、さらに豊かなグランピングシーンが今後増えていくのではないでしょうか。

cached

[参照元:星のや富士]

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    UNIT facebook

    PAGE TOP