Loading

ニューヨークの災害用コンテナハウス

post-disaster-housing-for-new-york-by-garrison-architects_dezeen_468_3

ニューヨーク市ではハリケーンなどの災害時に市民が家を失う可能性に備えて、
すぐに移設、増設が可能なコンテナハウスを使用して市民のための災害後の住宅として
コンテナ仮設住宅のプロトタイプを建設しテストをしています。

都市災害が起きた際にコンテナ仮設住宅のプロトタイプを通じて、
ニューヨーク市は全国の都市部で適用できる多層集合応急住宅を作成しました。
post-disaster-housing-for-new-york-by-garrison-architects_dezeen_468_4

仮設住宅とは、災害後の住宅として活用するので
市民が災害の影響を受けた自宅に戻れるようになるまで
被災者支援が無くとも生活を維持することができるようになっているみたいです。

さらに、こちらのコンテナ仮設住宅は完全にリサイクル可能な材料を使用しており、
市内の電力の負担を軽減するだけでなく、各ユニットの自立ができるようにするため、
太陽光発電パネルを装備することもできます。
要するに、コンテナ単体でも完全に独立して生活ができるオフグリッドハウスになるわけです。
post-disaster-housing-for-new-york-by-garrison-architects_dezeen_784_0

このように世界中で新たな可能性を開花させているコンテナハウス。
今後もますます発展していきそうですね。
UNITもコンテナハウスの可能性を追い求めていきます!

UNIT安藤

(参照元 : The Official Website of the City of New York

関連記事一覧

  1. c7bad773-s
  2. Vissershok-544x341
  3. IS-1
  4. 041715face1
  5. face022016scan-1-759x500
  6. con-urban-rigger-image-by-big-bjarke-ingels-group13_original

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    UNIT facebook

    PAGE TOP