Loading

雪国でも活躍するリゾートコンテナホテル

コンテナハウスUNITの安藤です。
今回ご紹介するのは、ジョージア(旧グルジア)とロシアの国境をまたぐ、
コーカサス山脈に位置するGudauri山に建設されたコンテナホテルです。
zeecontainer-terras-manman

こちらの「Quadrum」というコンテナホテルは、標高2200mの地点に建っており、
スキーリゾート客が訪れる、観光客に話題のブティックホテルとなっております。

「Quadrum」がコンテナを使用して、建設したのは、作業工数を極力減らして、
開発による周辺の環境への負担を減らすためでした。
コンテナハウスは、工場である程度仕上げて建設していくので、
現場での工数が圧倒的に削減できる、エコな建築物になるのです。

建築デザインに携わったCopter.geのスポークスマンさんによると、
「世界中の流れでもある、ミニマリストなスタイルに則ってデザインした。山肌の複雑な地形にも、自然と溶け込むように斜面に合わせ、周辺環境へのダメージも最小限に抑えることができた。」と言います。
471e8a45dbb83d931904a45c8ecd9816

また、コンテナハウスというと「夏は暑くて、冬は寒い」というイメージがありますが、
断熱材をしっかりと導入することによって、
こんな寒い場所でも、快適な空間が作ることができます。

UNITのコンテナハウスも、
業界20年もの実績のある、IRON HOUSE TETSUYAという最高級建築用コンテナメーカーと提携することにより、
沖縄から北海道まで、快適なコンテナハウスを提供することができます。
a4351197c3927538f6fa2bd9e55309d9
16903262_1770589123269424_1931018779150060181_o d101cb8e35fc9cc73974047f07bc1992 (1)
16826044_1770588799936123_5589851652284761780_o

[参照元:Quadrum

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    UNIT facebook

    PAGE TOP