Loading

TETSUYA横濱元町 「Le Noir横濱元町」

こんにちは!
コンテナハウスUNITの安藤です。

先日7月7日に、横浜の元町・中華街駅から徒歩3分程、元町の繫華街の一角に、
弊社が販売代理店として活動しているIRON HOUSE TETSUYAの横浜エリア代理店の株式会社五六(旧社名 株式会社北軽井沢エンタープライズ)の展示場兼商業ビル「Le Noir横濱元町」がOPENしました!


当ビルは世界初の建築用コンテナと重量鉄骨造との混合造になっており、ビルの正面右側が重量鉄骨造の「本棟」、左側が‘TETSUYA’の建築用コンテナを使った「コンテナ棟」
本棟は5階建て、コンテナ棟は3階建て+ルーフバルコニー、階段、エレベーターを挟み各階を行き来できるようになっています。

また、「Le Noir横濱元町」があるのは建築制限の厳しい商業系地域にも関わらず、コンテナハウスを活用し、建築基準法を遵守して建設されています。
通常コンテナハウスでは耐火建築物は建設出来ないとされてますが、’TETSUYA’のコンテナハウスは世界で最も建築基準法が厳しい日本全国で建築確認を取得して建設することができます。

その理由は、日本の建築基準に適合する建築用コンテナを「MADE IN JAPAN」にこだわり、20年以上の歳月をかけたノウハウ、技術、最高グレードの鋼材を集約させているからです。


コンテナハウスで商業ビルを建設するメリットとして、物理的にコンテナが搬入可能な敷地であれば、狭い土地でも建てることができ、完成品のコンテナを運んで設置するため、工事期間の短縮、人件費の削減に繋がります。

更には、海上を輸送するコンテナの特徴(揺れる海の上で多段に積んで輸送される堅牢性、大切な荷物を運ぶための気密性)を活用しているため、通常の建築物以上の「安全性」、「気密性」を実現しており、室内は想像以上の快適空間となっています。
先日の大雨でもコンテナハウス内にいると、雨音も全く響かない遮音性が発揮されていました。

フランス語で「漆黒」の意味を表す「Le Noir(ル ノワール)」
洗練された元町の街並みに溶け込みつつも、際立った存在感を発揮している「Le Noir横濱元町
是非とも最先端のコンテナハウスを体感してください!
見学希望の方は下記より、お問合せいただけますとご案内いたします。
問い合わせ

 

「Le Noir横濱元町」
住所:神奈川県横浜市中区元町1丁目38-2
[アクセス]
・みなとみらい線 元町・中華街駅 徒歩3分
・JR根岸線 石川町駅 徒歩10分

[参照元:はまれぽ.com]

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP