Loading

ContainerHotel

Hotel

Made In Japanのおもてなし

2020年の東京オリンピックに向けて、宿泊業界が非常に活性化しています。
そこで活躍できるのがこのコンテナハウスです。

2020年には訪日外国人の目標を4000万人に掲げて、莫大なコストをかけて続々と宿泊施設を開業しています。
ただ、そんな宿泊施設もバブル時代と同じく需要が薄れた際にはどのように活用するのでしょうか。
待っているのは莫大な解体コストです。

しかし、コンテナハウスで建てられた宿泊施設であれば、需要にあわせてユニット毎の拡大、縮小が可能です。
さらに必要なくなったコンテナはそのまま海外へ輸出することも、国内の中古市場で売却することができます。なにせ世界標準基準サイズのコンテナを活用した建物です。
ゴミを出さない建築=コンテナハウスです!

また、UNITのコンテナハウスは準防火地域はもちろん、防火地域でも対応可能です。
旅館業法を取得する上で重要な耐火建築物の基準もしっかりとクリアした、
コンプライアンス完全遵守のMADE IN JAPANにこだわったコンテナハウスで、訪日観光客をおもてなしして、
我々と共に、日本をもっともっと面白くしていきましょう!

お問合せ


PAGE TOP